サラリーマンの副業せどりで月商185万を達成!            本業の営業実績NO.1をキープしながらの方法を赤裸々に・・・      【メルマガ】で配信している全国のせどり仲間との交流における      超レアな情報の・・・
バックナンバーの一部をお届けさせていただきます。

2011年02月07日

せどりの意味。

こんばんあ。

うたまろ電器です。


突然ですが・・・  ”せどり” って ???  知ってますか???

以下 ウィキペディアより

一般的にはひらがなで「せどり」と書く。辞書では「競取り」という漢字が当てられているが、元々は「糶取り」という字が使われていた。

『書物語辞典(1936年 古典社)』によると、語源は不明。漢字は当て字で「糶取」「背取」などと書き、『せどりの營業は、店舗から店舖を訪問して相互の有無を通じて口錢を得るのを目的とする。即ち甲書店の依頼品を同業者間をたづね歩き値の安きを求め其の間に立つて若干の利得をする(同書より)』との事で、書店同士の売買の仲介をする事、またはそれを生業とした人を指す。

古書店等で安く売っている本を買い、他の古書店等に高く売って利ざやを稼ぐ(転売)」こと、またはそれをする人を指す。同業者の店頭から高値で転売する事を目的に「抜き買い」するため、せどり行為は業界内では嫌われる。一方、本の希少価値にこだわらない、大量仕入れ、大量販売形式の大規模古書店においては、「一度に数十から百冊の本を買ってくれる」「長期在庫が減る」ということから、せどりが必ずしも嫌われているわけではない。
古書業界で使われている「せどり」は、業者間の「競り」から来た言葉で「競取り」と書く。古書組合などの業者間の競り売りは、主に束売りで行われるため、欲しい本を競り落とすためには必要のない本まで買わなければならない場合がある。その場合、競り落とした後に必要な本を抜き出し、必要のない本は何らかの形で処分する事になり、結果として「必要な本だけを抜き出す」事になる。そこから「多くの本から必要な本だけを抜き出す」行為を「競取り」と言うようになった。

本に限らず、CDDVDビデオソフトゲームソフトカレンダーなど、インターネット上に中古市場の存在する多くの媒体が転売対象となっており、「せどり(転売)」を指南するインターネットサイトやノウハウを売る商売も存在している。




・・・と こんな意味があるんです。


実は、うたまろ電器は去年の9月からスタートしました。

10月には、初オーダーが入り  ・・・  現在も順調に売上を上げております。

1月末現在で、粗利率 71% となかなかの成果が出ております。

このまま、売り上げを増加していけば・・・  取らぬ狸の皮算用をしてみると結構良い話になります。


じゃあ、高く販売出来る本をどうやって探して仕入れるか???

このポイントが分かれば誰でも出来ます。

その秘密が・・・

↓          ↓          ↓          ↓


<a href="http://www.infocart.jp/e/48305/144861/" target="_blank">最強せどりツール【せどリッチforHOBBY】</a>




一人で、ネットで頑張っていると情報や仲間が欲しくなってきます。

励ましあったり、情報交換をしたり・・・

そんな仲間が、ここに居ます

↓              ↓                 ↓

<a href="http://www.infocart.jp/e/43775/144861/" target="_blank">団体力で稼ぐ【百人力.sns】</a>
posted by うたまろ電器 at 20:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | せどりとは・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。